「 75 」 

harumie18.exblog.jp

たけのこ奮闘

今日、突然。

主人が仕事先から帰宅すると、ダンボールには山盛りのたけのこ!!
本人がお客さんのところで、自ら掘って取ってきたとご満悦な顔。
そして
「今晩中に仕込んだ方がいいよ、といわれた。」と笑顔でバトンタッチ!

ちょっと待って。

わたしはこの主婦歴10年間、自分でたけのこ処理をしたことが無い・・・。
既に処理済みのものしか手にした事がないのだ。

でも確かにたけのこの掘りたてのものはうまい。←もちろん、処理済のもの。

いっちょ、やってみるか。

・・・一通り夜の家事を済ませてから、すがすがしい姿のたけのこをキッチンに並べてみる。
そして携帯から電話。

「お父さん、居る?」

私の父は本当に「主婦」である「主夫」。私の料理のお師匠である。

たけのこのむき方から切り方、茹で方まで丁寧に、丁寧に説明を受ける。
父のレクチャーを受けながら、携帯を肩で耳に当てながら、そのまま作業する私。

こんな時にいつも思う。両親の愛情のありがたさを。
夜10時半も過ぎて、父もすっかりおねむになっていたはずだろうに、
出来損ないの娘のために、
たかが「たけのこ」ごときに目を覚まし、説明してくれている。

私も子供達が大きくなった時、深夜突然「○○の作り方、教えてくれる~?」と電話してきたら
こんな風に電話口から教えたりするのかな。

おかげでとっても、とってもおいしいたけのこ達が完成。

なんだかとっても嬉しい。
自分の手で下処理から調理したものは、ちょっと可愛く見えてしまう。

旦那には内緒で、先っぽの美味し~い部分を切って、酢味噌で頂く「筍の刺身」。

・・・超・うまい。格別。
いろんな意味でね。

明日は筍ご飯にするかな・・・♪

e0180555_0495537.jpg

[PR]
by harumie18 | 2010-05-16 00:52 | 日々