「ほっ」と。キャンペーン

「 75 」 

harumie18.exblog.jp

おきにいり。

あれよ、あれよ、としているうちに、
あの夢のような、怒涛の「ホーム・クチュリエ」からはや1週間近く…。

子供達は夏休みに突入し、そんな中であそこにもここにも行っていたのですが
ちょっとばかし、疲れが抜けきれず…。
なかなかblogが更新できずにスミマセヌ…。


あんなことやこんなことや、まだ記事にしてない事も多々。
この夏休みかけて、じっくりお知らせ致しますね。

今しばらくお待ちを…。


**********************************************************

最近の「お気に入り」。

May me のパフスリーブ・チュニックOP。
e0180555_23382056.jpg

(モデルの「二の腕」のたっぷり感は、少々見苦しいですが、お許しくださいませ・汗)

「May me」の服。 それは「daily」で「useful」で「always」で。
着用する方の「ちょっとステキ」をプラスしてくれる、そんな思いやりのあるsimpleさ。

まさにmichiyoさん、そのもの。

着心地がよいんです。クチュリエ当日に履いていったホワイトデニムとの相性もばっちりでした。
私のクローゼットにはないなかなかのかわいらしさのフンワリ感ですが(汗)
この夏はこれを着てちょっと女子力up ↑ したくなっちゃうような。

これを着ていると、暑い夏も吹っ飛んじゃうような、そんな爽やかな、素敵な一枚。



そして Lucha/kota+25 のペンダント。
e0180555_23495741.jpg

革とチャームの絶妙なコンビ。格好+かわいい。 
ちょっとアンティークな感じも素敵。
こちらも身に着けているだけで女子力up。

作りも凝っていて、小瓶の中身は音符が書いてあるそう。(娘・発見)
そこんところもなんか「ご縁」を感じちゃって、ますます嬉しい。

夏はトップスがわりあいシンプルになるので、
こうしたペンダントはコーデのアクセントとなってくれるので
私にとっては必須アイテムなのです。




そしてもうひとつ。 首を長くして待っていたもの。
COCORO.ne バッグ。

emiちゃんの刺し子バッグはひとつひとつ違います。同じものは世界にひとつとしてありません。
そして必ず、その人にあったストーリーで作ってくれるのです。
そう、愛情、たっぷり詰まっています。(笑)


私のbagのテーマはそう、『 和cca 』。


はじめはわたし一人の輪。
e0180555_23592566.jpg

でもshigeぞーにつながり、emiやんにつながり…『 和cca 』、誕生。
e0180555_005331.jpg

お互いから広がる「輪」がいっぱい、いっぱいに広がっていって。重なり合っていって。

『輪』から出ている3重・4重の刺し子は、
「nanakoちゃんがつむぎだしていくつながりがこれからも3重にも4重にも広がっていきますように…」
というemiちゃんの願い。

彼女の優しさとあたたかさが、
このbagからじーんと伝わって、心に染み渡ります。


表地はデニムに合う紺のシャンブレー、裏地は紺の帆布。
持ち手は上質な赤の革で。
使い込めば込むほどいい味が出るそうで。


このオーダーには殆ど注文を出していませんでした、わたし。
唯一つけたとしたら、それは「私をイメージして作って」。

まだ見ぬ日が続きましたが…(いやみ?あは。苦笑)
まさにイメージどおりです。私が欲しいと思った感じ。

作家さんが私を思って作ってくれる、と言う
なぁーんて贅沢な「オーダー」なんでしょう。


最高の「宝物」になりそうです。
あなたに、あなたとの出会いも含めて感謝。

どんどん使って、使いまくって、わたしの大切な「お子」にしてみせるから!!

**********************************************

作り手さん達の生み出された品=「お子達」は
まさにその言葉通り、まさに「こどもたち」。
その方々の「おひとがら」は必ず出ている気がします。

その「もの」を使う際、使い続ける際に、
作り手さんのお顔や想いが浮かぶものとそうでないものには、
やっぱり「愛着度」が断然違ってくると思うのです。


でもそんな思いを噛みしめながら使えるって、本当に贅沢。
嬉しさ倍増、わくわく感最高!!

毎日がウキウキするって、こんな感じかな。
[PR]
by harumie18 | 2011-07-24 00:19 | 日々