「ほっ」と。キャンペーン

「 75 」 

harumie18.exblog.jp

最近のはまりもの。

emiやんのところで知った「土鍋」で炊いたご飯のうまさ。


shigeぞーのとこにも可愛い土鍋ちゃんがお嫁入り。



実は同時期、私も土鍋を買っていた。


でも。
そんな私まだ土鍋炊飯・初心者。 そう、まだまだ「若葉マーク」。
(ルクでは炊いた事あったんだけど)
興味はあったんだけど、やってみたかったんだけど。




「いーかんじの土鍋、ないし。」
「土鍋、高いよねー。」
「ずっと傍についてなきゃ、駄目なんでしょ?」
「火加減や時間とか…いろいろと難しいよね。」
「時間、ないし。」


うー、頭の中の私。
いろいろとうるさいっ!!


・・・と言い訳だらけだった私の元に、突如現れた土鍋ちゃん。
ニトリでなんと990円。 しかも2重蓋!!
フォルムもまぁまぁ(ミーハーな私・汗)、お値段も失敗!とおもっても許せる範囲内。
これは「やってみなさい、面倒くさがらずに」という、神様のお達しなのだろうか。



と、いうことで。
始めました、「土鍋炊飯 研究部」。 
部員は私ひとりですが、なにか?(苦笑)



やり始めるまでの腰は重いくせに、やり始めたらけっこうとことんな私。
日々、土鍋炊飯、格闘中です。


おいしくなーれ、おいしくなーれ。
e0180555_041064.jpg



最初はいろいろと面倒くさかった事も、
なんだか最近は
そのひとつひとつの過程がごはんを美味しくさせてくれるのかと思うと。
しかもちょっとこなれてこれば、なぁーんてことない作業。


失敗もいーっぱい。 
おこげ、なんて可愛いんじゃーない「こげこげ君」もいっぱい。(汗)

火加減、水加減、時間加減。

いろいろやっては失敗、やっては失敗。(それでも家族はついてきて(食べて)くれた!・苦笑)




でもね、ある日突然、うまくいく。
蓋を開けた瞬間の、ふわぁーっていう蒸気と「ごはんつぶの香り」。
しかもごはん一粒一粒が立っていて、つる・ぴかの様子。



超・感動。



うまくいく瞬間って、いつもほんと、こんな感じ。



申し訳ないけれども、やっぱり美味しさは炊飯器なんかよりもずぅーっと土鍋の方に軍配が上がります。
ごはんの「甘み」「旨み」を本当に感じる事ができるのは、やっぱり「土鍋」だね。



炊飯器は、それこそ失敗は殆どまったくないけれども、おいしさもそこそこ。
とっても便利なんだけれども。 いろんな機能がついているのだけれども。



ちょっとした「手間」って、ごはんに愛情をかけてやる、ってこと?
だからおいしいの?




でもね、躊躇していた、大変だと思っていた世界に、恐る恐るでもいっぽ進めば、
じつはとっても楽しい世界だったりするもんだ、と
この「土鍋炊飯」を通して感じたりもした。




いろんなこと、まだまだ挑戦したいな。 経験したいな。



「土鍋で玄米」も、頑張って「おいしさ」研究中。
e0180555_0161770.jpg
このぷつぷつは
美味しさの証拠??




いろいろなことを、ちょっと、ちょーっと丁寧にやってみる事。
最近のはまりごと。
ある日のできごと。
[PR]
by harumie18 | 2011-11-12 08:54 | 日々