「 75 」 

harumie18.exblog.jp

Constanze House 。

e0180555_18171545.jpg


Constanze House
とかいて
「コンスタンツェ ハウス」。


コンスタンツェ、とはかの有名なW・A・モーツァルトの奥様の名。
そう、または「悪妻」の名でも有名の方の名。


ここは私の母 = 悪妻、という意味合い?も込めて
私nanakoも悪妻だということで

「コンスタンツェ ハウス」 と名付けて 「悪妻の館」 の意。


苦笑。    いや、 汗?


私の実家です。 ひと、住んでます。





ここでクラッシック音楽のコンサートを催して始めてから、はや13年。
55回目のコンサートが先日行われました。


e0180555_17533874.jpg

ここでは「ステージ」という垣根はありません。


通常の音楽ホールでは「舞台」というものが一段上がって存在しますが
ここは演奏家も聴衆も同じ場所。同じ位置。


聴衆はより身近に演奏家の演奏する様、息遣いまでもをダイレクトに感じることができるし、
演奏家は聴衆の皆様をより身近に感じることで、一層の緊張感やパッションを生み出すことができる。

提供する側・される側、双方で作り上げるその空間。
いわゆる
まさに
「ライブハウス」。       


の、クラッシク・Ver。

を目指しています。


「クラッシック音楽なんて…」「いわゆる『オカタイ』でしょ?」
「眠くなる」「縁遠いし…」「音楽の授業、って感じ」 


そんな方々のイメージを払拭したい!
そういった「草の根」層の方々にもっとクラッシック音楽を身近に感じてほしい!
という思いで始めたコンサート企画。


そのためにももっともっと互いに「お近づき」になるためにも
休憩時にはリラックスしてもらうために、コーヒー・紅茶とケーキを頂いてもらい、
演奏家の方々のお人柄を知ってもらうために、トークしてもらったり、
演奏家の方とじかに交流できる時間・場面があったり…。


ホール、というよりも「サロン」って感じかな?

ちょっと特別感を味わってもらいたくて。
単にコンサート聞きに行った、という感じでは終わらせたくなくて。
そしてそこでお客様通しの交流も育んでもらいたくて。



他のホールの「ふつー」ではないけれど
ここ、コンスタンツェハウスでは
これを「ふつー」に
いわゆるスタンダードにしていきたいな、と。



…とかくと、「なにさま?」という感じになってしまいますが。(汗)




要はみなさまと音楽を通じて

「たのしーことをしてつながりたいっ!」
というだけなのです。(苦笑)


親子して「道楽好き」です、ハイ。(大汗)



e0180555_1752870.jpg

分野は違えども、柏でいろいろなことを企画・立案、催しを行っていた、行うことができたのは
ここでやったこと色々なことが、すべて「原点」になっていました。



私が柏にいる間は両親が何とか頑張って引き継いでくれていました。
そんな両親もだんだんと老齢化。
なんとかフレッシュな風を吹き込んで、なんとかこの場所を続けていきたい、と
岐阜に戻ってきました。


私が「フレッシュ」というとおこがましいですが、
多くの繋がりと喜びを生み出してくれていったこの場所を
引き続き、大切に育み続けたいと思っています。




まずはなんとかHPをリニューアルしないと!(汗)




先日のコンサートのレポはまた近々…。
[PR]
by harumie18 | 2012-05-15 17:34 | 日々