「 75 」 

harumie18.exblog.jp

ある日のキッチン風景。

気付くとあっという間に更新遅れ…。

すみません。
取り溜めた画像はいっぱいあっても、いまだ処理しておらず…。
=(イコール) コンサートのレポもまだまとめることができず…。

順番に、順番にお伝えしていきますね。



****************************************************


e0180555_16434072.jpg


コンサート前日。
準備でてんやわらやになる我が家の夕飯は決まって「カレーライス」。


「カレーライス」って本当に優れたメニュー。
嫌いな人ってほとんどお見かけしたことがないし、
特に子供は喜ぶし、
煮込めば煮込むほどおいしいし、
次の日おいしいし、
洗い物、楽だし。(ワンプレートなので)

はるかインドからやってきた「カレー」というものを
「カレーライス」という、見事今の形に進化させていった日本人ってすごい。
…っていつも思いながらつくる、わたし。



お隣さんにたぁーーーんまり頂いた新玉ねぎをひたすら皮むき、ひたすら櫛切り。
(新玉ねぎは煮るとずいぶん嵩がなくなってしまうもんね)


我が家のキッチンのNEW FACE。
新しい家になったら絶対欲しいと思っていたもの。

それは 「 まるい まな板 」。
e0180555_1653034.jpg

かの有名な料理研究家の方が使ってらっしゃるのを何かの記事で拝見してから
憧れてやまない、ここ数年。

スペースが横長、出なくて正方形チックに使えるのがなかなかの便利そうで。
そしてなんといったって
その「フォルム」がかわいく。 ← 結局ミーハー心。


しかしながら、まるいまな板、しかも割と厚めで、なおかつ重すぎないもの
なかなかなくて。
中華料理でよく使われているけれども、あんなにどっしりとしたものではなく。
(収納スペースがない)
値段も高そうだし、半ばあきらめてましたが。


出会えるものですね。
出会った場所は、引っ越す前に、岐阜に行ったらなかなかいけない!と半ば強行した
「合羽橋ツアー」で。


おきにいりの道具で料理をするって、これがまたうれしくって。楽しくって。
イチョウの木を使っているので固いうえに軽いので使い勝手もよく。


とんとんトントン。
新玉ねぎを切る包丁の音もなんだかうれしそう。


そして大量に煮込み料理をするのに最強なやつ。
「lecreuset」。

その便利さは前出のblogでも書いたんだけど、やっぱり煮込むことに関しては最高。

そして今回の出番は…。
e0180555_1781086.jpg

BIG・BIG・BIG!!
30インチのルクちゃん。

こいつは普段にはあまり登場しないんだけど。
かなり重くて、場所を食って結構手間のかかるやつなんだけど。

客人が多い我が家にとっては、こうした時にはすごく助けてくれるのです。


…にしても、洗うときには超・大変なんだけど。(汗)



助けてくれる、といえば。
e0180555_17111174.jpg

娘。

手間のかかる新じゃが洗いをひたすら、ただひたすらこなす。
昔からけなげな子だったけど、昔は力がなくて。
少し大きくなって、亀の子たわしで少し力をくわえてきれいに洗うことができるようになりました。

そのあと、ひたすらジャガイモ切りと人参切り。

もくもくと、もくもくと。

すごくすごく助かるよ。ありがとさん。

(こういう時って息子は、やっぱ使えない…口ばっかだし。)

って書いたら息子、怒っちゃいました。ははー。







切った野菜は少し干してから調理に入ります。
セミドライぐらいにすると、水気も飛ぶので油まわりもいいし、なんてったっておいしさも凝縮。
e0180555_1717525.jpg


その間に私たちはひと休み、ひと休み…。
お茶でも飲みませう。



私が作るカレーライスは、自己流重ね煮で。
e0180555_1737282.jpg

ニンニクで香りづけしたオイルの上に
きのこ類 → 新玉ねぎ → じゃが&人参 → サツマイモ・かぼちゃ → 豚ばらブロック肉。
焼酎を少し入れて、上にお塩をバラッと振り掛けて。

ひたすら弱火でことことと。 煮ること約1時間半、火を切って置くこと1時間。
余熱料理ができることもルクの長所かしら。



そうすると、もれなく新玉ねぎさん筆頭に出てくる出てくる野菜の水分。
気付くとお鍋の2/3弱も。

そこに少しだけお水を足して、少し沸騰してからカレー・ルゥとチョコレートを少し。
最後のひと煮をしている間に干したなすをおいしいオリーブオイルでフライパンでソテー。


そうして出来上がる、nanako流の「カレー・ライス」。





…と、ここで完成品をお見せするのが普通なのですが!


画像が。                   画像が見当たらない。汗





ご想像にお任せ、ということで。


スミマセン。大汗






どこの家庭にも、そこのうちならではの「つくりかた」「味」があると思います。
それが「おふくろの味」ってやつ?

スタンダードなメニューになればなるほど、じつはそれがその家庭のオリジナリティ。



そしてこんな感じの「いつもの」と思っているキッチンの風景も、
じつはオリジナリティ。
e0180555_17325234.jpg


なのかな? 苦笑
[PR]
by harumie18 | 2012-05-23 17:31 | 日々