「ほっ」と。キャンペーン

「 75 」 

harumie18.exblog.jp

「原点に返る」ということ。

COCORO.ne emiちゃんが
9月のたのしーことCLUBのメンバー募集してるよ。
詳しくはこちらへ。 →





e0180555_21574381.jpg





2012年の魚座の世界では
「自分を知る」作業が、多方面に展開し、急ピッチで進みます。
さらに、知るだけでなく、
知り得た自分を最大限に生きようとするスイッチが入るのです。

本当に似合う服は何か
本当に語るべき言葉は何なのか
何かを選択するとき、その根拠とする価値観はどんなものか
自分の「生き方」とは、何でできているのか。

「自分を知る」とは、
自分のルーツを知ることでもあり、
他者との違いを知ることでもあります。
さらにもうひとつ、
もう少しスケールの大きい尺度の「知る」行為もある気がします。
ともかく、いろいろなレイヤー(層)をあつめて
私たちは自分自身というイメージをつくり上げているわけです。
たくさんのレイヤで自分を定義して、
その中で「他ならぬ自分」だというふうに感じています。
この「違い」を知るために
旅に出たり、時に「原点に返る」という意味で故郷に戻ったりします。


むきだしに純粋なそれらの問いと答えが
同時に、貴方の世界にひたひたと満ちてくるような年なのです。








毎年、こちらの占いで語られる言葉に
今の自分を見つける、という作業をしています。



単なる「占い」というよりも、いろいろなことをかんがえさせられるきっかけを作ってくれる。







自分の「原点」。

なんだろう。








コチラに帰ってきてから、特にそのことを考えることが多い。




きっとそうやって考えられるのは
「 いままで 」 があるから。
「 いままで 」 を自分なりに一生懸命やってきたから。




でもホントは一生懸命でなかったこともある。
それは反省。  





それでも。


こうして「原点」を見つめられるようになったのは
色々の人との出会い、そして支えがあるから。
「ご縁」があるから。


いまここにいるのはわたしひとりだけど
でも、ひとりじゃない。



これは私にとってとてもたいせつなこと、かけがえのないこと。

いろんなことをしていても、その最中に
突然ふっ、とこみ上げるように思い出す。


その瞬間、ついつい
「アリガトウ」
とつぶやいてしまう。




この「ブルー・ムーン」を眺めていた時のように
今日も縁側に出て
しんとした、凛とした暗い夜空の中で
秋の虫たちの音色が垣間聞こえる
そんな静かな月夜を過ごす。



今日もいろんなことで悩んだり、怒ったり、悲しんだりして
どっと疲れた日だったけど。



月の光のマジックなのかな。

気が落ち着く。




落ち着いた気持ちを抱えてひとり、もの思ふ。
自分の「 原点 」  なんて、そんな簡単には見つからないけど。
でも、考える ということも
それもいいかもね。






そんな夜長の秋の夜。
ちょっとセンチな。




e0180555_21564090.jpg



明日もガンバロウ。
[PR]
by harumie18 | 2012-09-15 22:11 | 日々