「 75 」 

harumie18.exblog.jp

私の味の 「 相棒 」。

娘が金曜日、発熱で早退。

この季節だけに…。
周りでもそろそろ 例の「アイツ」が流行り出してるし。



結果は「溶連菌」でした。
ちょっとだけ ホッ。 でも油断大敵。


この季節はホント、冬特有の病魔との戦いだね。


ちょうど一年前辺り。
思い出しました。


みなさまも、その家族さまも
ご自愛下さいね。





食材にこだわるだけでも かなり美味しいものがつくれる、と思う。
 


でもいっぱしの主婦には食費に使ってもいい「限度」というものが必ずつきまとう。
食べ盛りになってきた子供の成長とともに
やっぱり 「 エンゲル係数 」 は家計の中でかなりの比重が増えつつあり。
こだわりたい部分はいっぱいあるけれども。

ううう。(泣)




でもいろいろ料理をしてきて、わかってきたことがある。
っていうか、わかったのが遅いかもしれないけど。(汗)



やっぱり調味料だけでもちゃんとした、素材にもその作り方にもこだわったいいものを使うだけで
味は確実においしくなると。


まさに 「 味の本(もと)」。




今の世の中、ピンからキリまでいろんな種類の、そして価格帯のものがある。


でも

みりん
料理酒

醤油


砂糖
味噌

最低限、これらにはこだわっていたい。
という考えに行き着いてる。
ちょいとばかしお高くても。(苦笑)


みりんはやっぱり本みりんだと、素材の味を活かした甘みやら旨みがちゃんと出てくれる。

料理酒も下手なものを選ぶと、塩や甘味料など余分なものがいっぱいはいってたりして。

菜種油や醤油は昔ながらの製法を守って、安心・安全な材料で作られているものは
風味やこくが全然違うし。

お塩はやっぱり自然塩じゃないと
舌に触れたときショッパさやそうでない部分のさがはっきりとでてくれない。
何よりしょっぱさのまろみ加減が天日塩は最高。

酢も安いものは味が柔らかく仕上がらないし、味の深みが出ない。




などなど。
えらそーにいろいろ書いちゃいましたが。 (大汗)
あたりまえのこと、っちゃーそうなんですけどね。




とにかくふつーに作っても、味が変わります。変わりました。



昔はそんなことにはなぁーんにも無頓着でしたが。
頭ではわかってたのに
身体にもいいことだってわかってもいたのに
でもその「一本」「一袋」の価格に振り回されて。
どれくらい違うのか、てのもよくわかってなかったし




でも。
よく考えたら、調味料って
1日に使う量ってそんなにたくさんじゃないから
こだわってみてもいいかな、なんて思い
使いはじめて。




いまじゃ、やめられない。(笑)





ふだんのことにはあまりこだわらない私ですが
「 調味料ヲタク 」です。(苦笑)





ここんとこ最近の変わらぬ、欠かせぬ相棒たちの1部。
e0180555_058256.jpg


みりん   白扇酒造 福来純三年熟成本みりん
料理酒   白扇酒造 花美蔵 純米料理酒
菜種油   平出油屋 玉締め圧搾菜種油



あ、これらはいつも一升ビン買いです。(笑)








みなさんはどんな「 相棒 」さんとお付き合いされてマスカ?
[PR]
by harumie18 | 2013-01-26 01:01 | 日々