「 75 」 

harumie18.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「いつも」ということ。

まったくもって、珍しく本当に元気が出ていなかった私。
テレビを見れば、その情報にますますの不安を抱え
被災者の方々の様子を伺えば、気持ちを合わせ過ぎてしまって、悲しみ続け
人と会う気力も失い、考える力も低下してしまい、
おまけに体調までも崩して…。
地震発生後約2週間。
生活圏内にあるスーパー以外、一歩も外出しておりませんでした。

子供達もそれに合わせて
というか、こちらが心配で外には遊びに行かせてやれず。
近所のお友達も自粛自粛のムードで、互いに遠慮し合い過ぎて
遊びにも行けず、遊びにも呼んであげられず。

ガソリンのことを考えたら遠くに遊びに連れて行ってあげることもできず。

でも子供達にとっては、いくら兄弟がいる、と言っても、
外にいけない、お友達と遊べない…

私自身も「気持ち」にふたをしっぱなし。
子供達も「活力」にふたをしっぱなし。

そんな状態に両親が手を差し伸べてくれました。

「気分転換しなきゃ!」ということで、岐阜からわざわざこちらに来てくれて
まずは子供達だけを「春休みなんだから、じいじのおうちに遊びに行こうよ」と
連れて帰ってくれました。

子供達は大喜び。はしゃぎまくっていたので、それはよかったのかな。

岐阜に向かうその日。
東京駅の新幹線改札口まで送りに行った時、
旦那は「お母さんがいないと、不安がるんじゃない?」と言っていましたが
そんなこと、つゆすら見せずに、意気揚々と、後ろを振り返ることもなく(苦笑)
じいじの手を二人して握って私の元を後にしていきました。

さぁ、私はどうしようかな。

せっかくのひとりの時間が出来たんだから…

表参道にでもぷらり、と行ってみようかな。


…それにしてもやっぱりすごいです、「東京」ってところは。
もちろん、地震の影響で照明等は縮小されや営業時間は短縮されていましたが。

こちらは地震があって以来、自粛モード一色で、本当に「ひと気」がまるでなくなったのに
「ひと」で溢れかえっていました。

久々にいろいろなお店に立ち寄ってもいつもとかわらず。
変わった、と言えば、知らない間に店舗が移動されていたり、お店がなくなっていたり。(汗)
ほんの半年前に行ったっきりでしたが。

歩いた、歩いた、歩き回った!!
ひさしぶりに歩きました。

買い物もしました。(だいぶ買っちゃった…汗)

歩いている最中は、今まで考えていたような事、一切ぶっ飛んでました。
「動く」と言うことは本当に大切。

そのあと久しぶりにshigeちゃんと会いました。ほんのちょっと、お茶するぐらいだったんだけど。
10歳も年上の私の話を一生懸命聞いてくれました。
「金八先生」の歴代の話を熱烈に語る…なーんていうばかばなしも一杯しました。
(いや、聞いてくれた?)

そして最後、帰る時に
「やっぱりnanakoさんの笑顔が見れてよかったです。」
と。

なによりのことば。


自信がなかったんです。
こんな私にでもできることってあるのだろうか。
今まで私がやってきた事は単なる道楽だったのか。

でも、ひとは何かをして生きていかなければならない。
こんなちっぽけな私でも、私の笑顔を必要としてくれている人がいる。

コメントにもメールでも
「またnanakoさんに会いたいです」
「いまは大変な環境だけど、また7's DAYSに行く事を楽しみにしています」
「7's DASYでできた『つながり』が恋しいです」
いろいろと温かいお言葉も一杯頂きました。

すごくすごく有難い事です。
なにか心の芯に、温かい、むくむくとしたものを感じる事ができています。



ここ2,3日。テレビをまったく見ませんでした。
研ぎ澄まそう、研ぎ澄まそう。
耳を澄まそう、耳を澄まそう。
「いつも」じゃないけど、今の「いつも」に。


芥川龍之介の言葉。
「人生を幸福にするには 日常の椿事(珍事)を愛さなければならぬ」

そう。今はそれが一番大事。


こんなちっぽけな私。
被災された方にできること、といえばほんの一粒程度のことしかしてあげられていない。
悲しいかな、それが事実。

でもそんな私にできること。
私の周りにいる人たち。7's DAYSを応援してくださる人たち。
その方々からまずは、2011年に掲げた目標「シェアリング・スマイル」をしていく事。
それはやっぱりぶれちゃ、いけないね。一番の目標に掲げたんだから。

ひと を ひとが「元気」にさせていくのだということに、ここ数日で気付いた私。
会ってしゃべる、ということが
どんなに心強くしてくれる、元気チャージができると言うことも。

ひと と ひと との「つながり」を自分のできる「精一杯」で作っていく。
そしてそこで生まれた小さな「元気」の積み重ねが広がれば、
きっとおおきな「元気」が生まれていく。


それにはまずは私が「いつも」に戻る事。
今の「いつも」を受け入れ、愛していかなければならない事。

「いままで通り」。

まずは目指そう、その心持を。

そう思い出させてくれたshigeちゃん。
温かいメールやコメントを下さった「みんな」。「みなさま」。
そんなみなさまとの出会いを作ってくれた7's DAYS。
本当に、本当に有難う。

一日一歩。三日で三歩。三歩進んで二歩下がる。
それでも一歩づつ進んでいく、進んでいる。
そうだったね。そうなんだ!!



ひと を ひとが「元気」にさせていくのだということ。
そんな思いをすぐに実行に移したのがcafe24&Beachの朋子ちゃん。
4/2にイベントを開催します。
e0180555_0364382.jpg

私は残念ながら参加できないのですが(うー、心許無い…残念!!)
COCORO.ne cafeのemiちゃんやjun_homeのjunちゃん、
かばんやCHITOちゃんが参加してます。
もちろん、cafe24&BeachでおなじみのAtelier noixさんの美味しい焼き菓子も!!

そのほか素敵な素敵な作家さんが出品されています。
なによりもオーナー・智子ちゃんの素敵な、素敵な、元気一杯の笑顔を
一杯いただけると思います。

もしご都合がよければ足を運んでみてはいかがですか?
きっとここに集まる「ひと」の活気が、
この春からも頑張るぞ!という気持ちを運んでくれる思いますよ。^^



そして、ふさぎこんでいたわたしにうれしい出来事がひとつ。
e0180555_0545833.jpg
3/29発売の
「雑貨をかわいく飾る本 お部屋実例編 (学研インテリアムック) 」。
ほんの一部ですが、我が家のインテリアを掲載して頂きました。

本当に嬉しい事です。


私には7's DAYSがある。みなさまがいらっしゃる。
このことに感謝して。
この震災で今自分に何ができるのか?どう行動するのがベストなのか?
今まで以上に考えられるようになったと思います。

あさって。子供達を迎えがてら、数日岐阜へ行って、身も心もリフレッシュして
「nanakoパワー」復活させてきます!!

5月GWが明けたら7's DAYS 、復活開店します!!
楽しい企画、いっぱいしておきますね。お楽しみに!!

昨日、髪もを切りました。ただ今「マッシュルーム・nanako」になっております。
だから(何が!?苦笑)、みなさん。待っていてね!
[PR]
by harumie18 | 2011-03-29 01:03 | 日々

忘れられた「お子達」。

あの地震から一週間強も過ぎ。

余震はだいぶ少なくなりました。
物資もガソリンも少しづつではありますが、あの時のようなパニック状態に陥るほどのものはなく。

電気に関しては輪番停電はあるものの、少しづつではありますが慣れてきました。
いくつかの停電が回避されたりしたのは、皆の少しづつの「気持ち」の成果だと思います。
義援金も徐々に、徐々に集まっているとの報道も。
(それでも復旧するのには、もっとかなりの金額がかかると言うことを聞きますが)


そう、大切なのは自分達のできることを「みんなで」 「少しづつ」「 積み重ねて」 なのですね。


被災地の方々はまだまだ足りない事や不安はいっぱいあるとは思うのですが、
私達の両親の世代から、私達と同じ世代、若い世代、そして子供たち、までの
「これから」というあたらしい道のりへの力や勇気がメディアを通していっぱいに伝わってきます。

なにかが、なにかかが変わりゆくニッポン。
なにかとなにかがつながっているニッポン。

まけない、ニッポン。
すごいぞ、ニッポン。



こういうときこそ、楽しい事を思い出そう。考えよう。

今は無理でも、もう少し時が経ったら、「笑顔」が再集結できる会をやろう。絶対に。
そして次につながる「元気」を培おう!
「ひとと会える」事が一番の「笑顔」への近道!!

何をしようか、どんな事をしようか・・・。



私がやる事なんて、ほんとうにすごくすごく微力かもしれないけれども。

そうしたちいさなちいさな「笑顔の輪」がすこしづつ、すこしづつ広がれば
きっと、実は不安に駆られまくっている私達のどんよりした空気も
やがてどんどん晴天となって、元気な、ピーカンに晴れた「ニッポン」になっていくとおもう。

再生した「ニッポン」に!!

よし、考える「元気」出てきた…かな?


**************************************************

いろいろあって記載し忘れた事。ありました。(汗)

遅ればせながら、今月「お子達」。…として焼いたパンたち。


「柚子ピール・Wチョコレートベーグル」と「紅茶のカンパーニュ」。
e0180555_16212233.jpg

このベーグル。生地にココアパウダーも配合し、上からは刻みチョコをかけて…。なんとも贅沢!?
巻き込んだ柚子ピールちゃん(見えませんが・汗)が大人な雰囲気を引き立ててくれてます。^^
ふんわりとした甘さの中に柚子のいい香りが…ベストマッチングでした。^^

e0180555_16214712.jpg

このカンパには紅茶の茶葉を入れています。(黒のつぶつぶ、見えるかな?)
焼き上がりはなんともいえない、紅茶のいい香りが!!
中身に丹波黒豆大納言とグリーンレーズン、入れました。
テーマは「お茶時間」。
e0180555_1672052.jpg

なんとも無理やりで、中身も無理やり入れてしまいましたが。
e0180555_16112332.jpg

おかげで、元気に「大爆発」(!?)です。苦笑

実はこのカンパ。11日に開催されたmukuの1day shopの差し入れとして焼いたものです。
大好評を頂けて、すぐにペロリッ、と食べて頂けた事、本当に嬉しかったです。^^


今はひたすら「子供達が食べられるパン」ということで、ひたすら「丸パン」づくり。
こういったある意味「凝った」パンはただ今封印中。


またいつの日にか、いや近いうちに
また皆さまに7's DAYSに来て頂ける事を夢見つつ、
レシピ、模索中です。^^
[PR]
by harumie18 | 2011-03-22 16:24 | food

「はる」の日。

今日は夕方6時過ぎから輪番停電になるスケジュール。
でも今日はとても大事な日。

息子の10回目、節目とも言える誕生日なのだ。

そんな「ハレ」の日に、本当だったらなるはずなんだけどね。

地震当日よりも彼は落ち込んでいた。涙ぐんでいた。
「すごく大変な時だってわかってるよ。わかってるんだけど。
 でもどうして僕の誕生日の前にこんなに辛い事が起きるんだ…」

そう、お母さんもそう思うよ。そう思っている。

被災地の方々のことを考え、私達ができることをする。
日々余震に耐え、節電に励み、
もしものことを考えたら、なるべく屋内にいるのが一番と考え
ガソリン10ℓも満たない車には乗る事はせず、
買い溜めに走らないように今ある食材を計画停電、ならぬ「計画食事」とし…

大人は耐える、耐えうる、たてまえでも我慢なくちゃいけない事だけど。
「いまは我慢しなさい!!」といわれても、ね。
子供達にとっては「頭じゃわかっていて」も、リアリティは薄いもんね。
あんなすごい揺れを体験してても。

「ゴール」が見えないマラソン、ほど不安で、疲れて、ストレスフルなものはないもんね。
本当はね、大人も結構、辛いのよ。内緒だけどね…。

そうよね、辛い事を辛い事ばかり、としていつまでも記憶に残すのは
子供にとってはあまりにも「酷」。忘れっぽい方が強く生きれるかも。
子供ってのは本来「本能」のままで生きる、生きていくせいぶつ、ですから。(苦笑)


よし、よし、よーしっ!!今日はやっぱり「ハレのひ」だもの。
お母さん、頑張るわよ。フル稼働するわよ。腕、振るうわよー!!(振るうほどの腕はないですが)
今日ぐらい、「ちょっぴり」豪勢で良いではないか!!


彼の一番のバースディ・リクエストは「うな玉ごはん」。

「うな玉」?

私の実家は岐阜ですが、
近隣の名古屋には独特のうなぎの食べ方、あの有名な「ひつまぶし」というものがある。

ご飯の上に刻んだ鰻が載ったまま出されるので、これをしゃもじで"十"の形に切分ける。
その後、つぎの3種類の食べ方をします。

①最初はこれをそのまま茶碗に一杯取り、そのまま食べる。
②次はおかわりの様に2杯目を取り、薬味(わさび・のり・みつば等)をのせて食べる。
③3杯目は2杯目の様にしたものにお茶(煎茶)もしくはだし汁(店単位で異なる)をかけ、
  さっぱりとお茶漬けのように食べる。


…と行きたいところなのですが、
しかしながら3回に分けて食べられるほどの
大量、もしくは大きいうなぎを我が家では入手できるほどの
財政的な余裕は我が家にはない。だからこの食べ方only。(汗)
我が家バージョン。②の食べ方のアレンジ・バージョン。

細かく刻んだうなぎ、みりんを淹れて甘くした錦糸卵・煎りゴマ・薬味ねぎをたぁーっぷり入れて
うなぎのたれも混ぜてできあがりー!!
最後によそった上に刻みのりと、わさびをチョちょいとのせれば、これまた美味し。

というわけで正式な「ひつまぶし」の食べ方ではないので、正式名称では呼称せず、
我が家ではそれを「うな玉ごはん」と呼んでいます。(汗)


このレシピは子供達二人とも毎年、何故かバースディ・メニューにリクエストするほどの大好物。
作りましょう、作りましょう。^^

…しかしながら。
この物資不足の世の中、「うなぎ」は店頭にはなく。(泣)
でもなんとか「あなご」はGET!!!

今年は
×「うな玉ごはん」 → ◎「あな玉ごはん」
で。(苦笑)

あとはかぼちゃのポタージュとジャガイモとブロッコリーのサラダ。

そしてデザート/バースディ・ケーキは息子の大好物
shigeちゃんレシピの「プレーン・シフォン」。
わたし、久しぶりに作ってなかったので(ここ最近はずっと「見るだけ」のひと・汗)
できるかどうか、心配だったんだけど…

いやー、shigeちゃん。やっぱりあなたのレシピとレクチャーは最高だったよ!!
数ヶ月ぶりだったにもかかわらず、オーブンの中でちゃーんと元気に大爆発!!
e0180555_2248974.jpg

美味しく焼けました。

パンも久しぶりに作りました。
やっぱり子供達がいちばんだーいすきな、ごくごくシンプル、超・プレーンな「丸パン」。


生地をこねこねこね…。その感触に癒されつつ・・・苦笑。

とってもいい生地にこねあがったかな。
e0180555_22513260.jpg


パン作りがちょっと「職業チック」になりかけてて、
プライベートの時間に、自分達家族のためにパンを焼く、お菓子を作ると言うことは
すごくすごく久しぶり。

ある意味のんびりしていて。やっぱりたのしいし、久しぶりに「無」になれた気がする。


こんな時のために作れるようになったわけではないのだが、
あらためて「つくれる自分」に感謝。お教室通いも無駄じゃなかった?(苦笑)


夜はキャンドルナイト。
今日は息子の年の分だけ、そう10個のキャンドルを灯しましょう。
子供達は大喜び!!
そして生まれてきてからの一年づつを思い出しながら、
願いをこめてひとつづつ、消していきましょう。

久しぶりの「笑顔」、有難う。
お母さんがなんだか「プレゼント」をもらった気分です。


10年前の今日。あなたは生まれてきた。
前駆陣痛がすごく早く来たくせに、ちっともうまれてこようとしてくれなかったあなた。
数えてみたら3日もかかって…。
いつ生まれてきてくれるのか、本当に生まれるのか。
このとてつもない痛みはいつになったらおさままるのか。
「ゴール」が見えなくて、不安で、疲れて。
心のそこから「こんなこと、もう2度としたくない!!」と思っても…。

あなたが生まれてきてくれた時のあの時の感動。
絶対に守ってやるんだと思ったあの強い決意。

逆にあれだけの大変な思いをすることで、
そしてじぶんにとって「辛かったけど、頑張った!」ことだったからこそ、
きっと強い思いと思い出が何倍にも、何倍にも
大きくなって、つよくあるんだよね、きっと。

思い出したよ。
最近は怒ってばっかりで。(今日も、だけど・汗)

生まれてきてくれて有難う。
そして「3/18」。今年も無事に迎えられて有難う。思い出させてくれて有難う。




今もそうね。きっと今を乗り越えられたらきっと私達、強くなれるよね。

そんな「はる」の日。
あしたは温かくなるみたいだよ。


桜は寒い冬に耐えて耐えてつぼみを膨らませている事でしょう。
[PR]
by harumie18 | 2011-03-18 23:11 | 日々

上を向いてあるこう。

今、私の頭の中に今日になって急に流れ出した歌。ずっと流れ続けている歌。
しかも坂本 九が歌っている、アップテンポのほう。


テレビには本当に悲惨な光景が次から次へと流れています。
地震直後の、様々な被災地の映像。
何度も画面から見るたびに
まるで映画を見ているかのような感じだった。
とても胸が詰まる。張り裂けそうになる。

その感覚は成人式を終えたばかりのあの年の1月と同じ。
朝6時前。まだ眠りについていたあの早朝の「ガクン!」と恐ろしいほどの大きな縦揺れ。
そして日々過ぎるごとに知りうる甚大な被害の様子。
大事な友人も数多く被災し、その安否を知るまでの不安。
そのあとの復旧、復興へのただならぬ険しい道のり。
そう、それは阪神・淡路大震災。

同じ日本国内で、生きている間に2度も経験するなんて。

被災されている方々に何もできない、してやれないことにもやきもきしながらも
しかしながらやっぱり自分達の生活を日々行う事が必死で、
そんな自分にたまにがっくりくる事もある。

その悲惨さに共感し、不謹慎な事はしないように…。
初めて経験する輪番停電への不安やその準備、子供達への配慮、
物資不足の中への果敢なる物資調達。
地震後のあとの連続してやってくる余震の恐怖。
今では恐ろしい事に、ちょっとやそっとの余震には驚かず、
それどころかいつも余震の中にいるのではないかと言う錯覚。
(なんだかいつも揺れている感覚)

とても強い緊張感の中で一日一日を過ごしています。
福島の原発爆発の情報に、身震いするほどの不安があります。
そんな不安定な毎日の中、不安な先しか見えない報道の連続。
いったいどうなってしまうのだろうか。日本は。私たちは。
身も心も結構、いっぱいいっぱい。
誰も経験すらしていない、その凄まじい恐怖に、
どう立ち向かえばいいのだろうか。



でもふと思った、少し気付いたこと。



今日、水戸で被災した友人から電話。旦那さんの実家のある尼崎までやってきたとの事。
でもその声は、憔悴しきった、不安に満ちた、それでもまだ関東圏にいる私を心配したその声。

「nanaちゃん、落ち着くんだよ。」と私に言いながらもまるで自分に言い聞かせるかのように、
「○○は大丈夫?」
「携帯の充電はいつもしてなきゃ駄目だよ」
「風呂の水は必ず満杯にしておいて!」
「nanaちゃんは帰らないの?」
「「(放射能漏れの件に触れ)200km以上離れているから大丈夫だとは思うけど、
外出は控えた方が良いよ」
等々。

いつもはのんびり、おとぼけでいて、かつ沈着冷静な彼女の声ではなく。

そして強い口調でこう言った。
「水戸は確かに東北地方に比べたら被害は少ないから報道はされなかったけど
結構大変なんだよ、大変だったんだよ。」と。


東北の方に比べ、自分達もある意味での「被災者」なんだ、と思うのは「不謹慎」だと思いつつ
ライフラインは止められ、あちらこちら地割れしてたり液状化していたり、
建物も壊れてたり、スーパーのものは既に不足し、ガソリンももちろんない。
旦那さんはお医者様でその日は当直。地震当日もきっと病院は大混乱。
いつもは気丈なもと看護師の彼女は一人で、この4月に入学を控えた娘さんを抱えて
一晩はコンビニの駐車場で一晩を過ごし、
殺気立って物資を求めてくる人たちの顔相に、余震におびえ、
次の日には崩れるかもしれないマンションに母娘、真っ暗なマンションで過ごし…。

その時点から今日まで、連絡を取っていなかったけれども

それはそれはかなりのストレスだったと思う。尋常じゃなかったんだと思う。


私が住んでいる地域は被害こそ殆どなかったものの、そのほかはまったく似た状況で…。
きっと関東圏に在住されている人の殆どの方は、同じような思いなのだと思う。


彼女から電話をもらった、その時。
たまたま私は笑っていた。


計画停電が実施されるとの事で、
お昼の午後から夕方までの間、どうせその時間を過ごすなら
余震もだいぶ減ったことだし、あの地震以来ストレスフルな子供達のためにも、
子供達の友達とママ友を呼んだ。
久しぶりにしゃべり、お茶をし、冗談を言い、
その合間に自分の知っている情報を交換し合い…
久しぶりに「ばか遊び」(苦笑)していた子供達は、
もちろん大喜びだったけれども、
ひさしぶりに「ばかおしゃべり」していた私達も大喜びで、
帰るときには「またねー」と笑顔でバイバイしていた。ちょっと元気をもらえたような気がした。

そんな時に彼女から電話をもらって、まるで親が子を心配し「過ぎる」ような彼女に対し、
いつものおしゃべりな私と話した彼女。

「こちらがなんだか元気をもらったよ。有難う。」
と言って、いつもの彼女の穏やかな声に戻って電話を切った。


確かに人が見たら「不謹慎」な事に見えるかもしれない。
楽しそうにする事。笑う事。自分達の生活を守る事。
被災地の方に対しては非常に申し訳ないことかもしれない。

でもいつも緊迫している顔をみてばかりだとやっぱり不安になるし、
逆にお互いに励ましあい、その中で出た「笑顔」「元気」「つながり」というものは
さまざまな行動力、生命力へのもと、となるのだと思う。

人は、みんな「感情」を持っているのだ。

立ち止まっていては何も動かない。
自分らしさを失わず。

上を向いて あるこう  
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
ひとりぼっちのよる


幸せは雲の上に
幸せは空の上に



「上を向いてあるこう」
みんなで「心の手つなぎ」をしながら。


ケ・セラ・セラ。
明日は明日の風が吹く。

太平洋戦争を経験し、伊勢湾台風も経験し、
色々な困難な時代をすごし、
84歳で亡くなった祖母のよく言ってた言葉。

そうだね、おばあちゃん。
頑張りどきだね。がんばるよ。

そして。

がんばれ、私たち!
頑張れ、ニッポン!!


もちろんこの災害で体験している事、目の前で繰り広がっている事象を、
そして、「今」「この先」、
自分たちでなにをすべきなのかを、なにができるを、なにが大切なのかを
家族と共に語ったり、友人と語ったり、自分でも考え、
子供たちに伝えていくことも忘れずに続けて行きたいと思っています。
[PR]
by harumie18 | 2011-03-15 23:27

無事です。

11日。

COCORO.ne emiちゃんも、その他7's DAYSを通じたご縁の方々が
多く出品されていたmukuの1day shopの日で
それにおじゃましていて、散々楽しい時間を過ごした、その後片付けの時。

何が起こったか、はっきり言ってわかりませんでした。

そのあと、事の重大さに改めて気付いて、急いで車に乗って帰る最中。
またもや大きい地震に。
車の中が波打っていました。まるで両サイドから人に車を揺すられているかのように。
生きた心地がしませんでした。

揺れも少し収まり、急いで家路に戻り、子供を拾って、家に帰ると。

家の中はすごいことに。その揺れの大きさを、改めて知るほどに。
2階洗面所の三面鏡キャビネット外れて倒れていました。
きっと家の中にいたら、大パニックになっていたと思います、私。
少し途方にくれてしまいましたが・・・。

それでも。
混線しあって繋がらない携帯でも早い段階で旦那とも連絡も取れ、
子供達も近所のママ友たちの協力によって、
引き取りも行って待機していてくれた事。

これは本当に感謝してもしきれないほど。

やっと今日の段階で多くの人たちの安否も確認でき、
旦那のお父さんも無事に自宅に帰ることができ
我が家のライフラインもとりあえず正常で
今は通常生活を送ることができています。

器やグラスや、その他大切にしていた雑貨など、結構な数のものが壊れてしまったけど、
大切なひとたち、そしてその家族も無事だと、互いに連絡が取れたこと。
それだけでもとてもよかったことなのだと、改めて思っています。

皆さま、ご心配をおかけ致しました。

それでも、まだまだ大変な事がおこっています。
多くの、本当に沢山の方が被災されていらっしゃる。
まだ私の知り合いも、今だ連絡が取れないひともいます。心配です。

いつもブログをご覧いただいている皆様も。
どうか無事でありますように。

こちらはまだまだ余震が続いています。
「いつもの」「安心のできる」生活に戻るのには少し時間がかかるかもしれないけれども、
こういうときこそお互いのつながりを信じて
一日でもはやく、またみなさまの「笑顔」にお会いできるようになりますように…。



来週以降の7's DAYSのスケジュール、
誠にご迷惑をおかけ致しますが、お休みとさせて頂き、
早めの「春休み」に入らせて頂きます。
(皆さまと連絡が取れて、本当によかったです)
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。



最後に。
東北太平洋沖地震で亡くなられた方々、全てのご冥福をお祈りいたします。
そして、被災された皆さまに、心からのお見舞いを申し上げます。
[PR]
by harumie18 | 2011-03-12 23:10 | 日々

step2の日。

e0180555_105473.jpg

先日、m.c.k.chifffon's◎shigeちゃんのstep2が開催されました。
step1で彼女のデモを見て、感じて、学んでもらい、
おうちでひととおりやられてからstep2で、自分の力で作ってみる!!

step2は実践形式で彼女にはいっさいデモをしてもらいません。
このやりかたは7's DAYS nanakoがお願いしたやり方。
一時期、お教室通い狂い(苦笑)していた私がshigeぞーにリクエストした

「 本当に作りたくなる、作るようになる、作れるようになる お教室 」

にしたくて。
ただ行くだけじゃ、結局作れない自分がいたので・・・経験上(汗)。

そして、なんとなんと、これまた生徒さんを酷使するかのように(苦笑)
この回では、自分のうちで使っている道具を一切合財もってきてもらって
作ってもらうようにしています。(希望者には道具をお貸ししてます)

生徒さんが来てからまずshigeちゃんが行うことは
生徒さん各自のハンドミキサーを「ウィーン、ウィーン」と試運転。
モーター回転数、そしてウィスクの形をの確認。
その時のshigeちゃんの真剣な顔つきったら…。
通常のお教室ではまずありえない光景ですかね。(苦笑)

でもここはかなり重要で
やっぱり、道具一つ一つでやり方もコツもちょっとずつ変わってきちゃうのです。
これはshigeちゃんのstep2の醍醐味!!だと、私は思っています。

そして自分のうちで作るかのように、ここで作ってもらいながら
そして「シフォンの神様」shigeちゃんが
寄り添って、細かなところまでそれぞれの「コツ」を教えてくれます。

ほら、その寄り添う、というより「べったり」!!(笑)
e0180555_1025658.jpg

ほらほらほら!美味しそうに自分達のシフォン君たちが爆発きのこに膨らんできてるよ。^^
(退院した我がオーブン君。前面パネル交換ですっかり見違えるほど綺麗になったガラス面・苦笑)
e0180555_1029212.jpg

今だっ!ここで大事な事。
みんなでおまじないをかけること。

「おいしくなぁーれ、おおきくなぁーれ、ふっくらふっくら、おいしくなぁーれ…。」

きれいにおいしそーに焼きあがった生徒さんたちのシフォン君。
まだまだ楽しい事をやるので、君らはそこで整列して待機っ!!(笑)
e0180555_10323322.jpg


さぁさぁ、いただきましょう。
e0180555_10355029.jpg

step2は私も一緒にテーブルをかこまさせてもらっています。
お客様とよりお近づきになりたいので。
いや?いつもも、step1も充分に近い?近すぎる・・・?
ホント、図々しい「店主」でゴメンナサイ。(汗)
テーブルをご一緒に囲む事で、「生徒」も「先生」も「店主」もなくなっちゃう。
みんなみんな、その瞬間は「往年の友達」になってしまうのです。


うー、満腹、満腹。
あ、でも「たのしー」ことはまだあるんですよ。

shigeちゃんにはこのシフォンケーキ講座の後半に「プラスα」として
「食」を通した、乙女心くすぐる何かを教えてね、ってお願いしています。
(って、どんだけshigeぞーをこき使うんだか・苦笑)

step2では「おいしー・カメラ講座」。
みんなで「カメラ女子」になるんだいっ!

e0180555_10444060.jpg

shigeちゃん先生。ソファーに座ってレクチャー、レクチャー。
我が家のコタツが「舞台」になって。(苦笑)
みんなきゃっきゃとはしゃぎながら、パシャリ、パシャリ。
私も生徒じゃないのに、どさくさにまぎれてパシャリ。
e0180555_1050694.jpg



そしてこれがみなさまの一番の成果だと思っています。
さぁ、見て!

e0180555_10473920.jpg


みんな見事に「カメラ女子」。(爆笑)


e0180555_105412.jpg

今日も楽しかったね。うれしいつながりもできたね。上手にシフォンケーキが焼けるようになったね。
shigeちゃんのspecialシフォンを食べながら (これがまた、このlessonの醍醐味!)
今日も話が尽きないのでした…。ははは。^^

今回参加してくださった生徒さんのお一人、arte_panさんが、
「生徒目線」でこれまた上手な実況中継してくれています。(苦笑)  アリガトトーゴザイマス!


shigeちゃんの講座 冬ver.はこの回を持っておしまい。
今回はインフルエンザやらオーブン故障などの不意打ちにあいながら、
多数の生徒さんには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。本当に申し訳ありません。
近々、そのlesson振替日についてのご連絡を差し上げたいと思っていますので
今しばらくお待ち下さい。

そして桜が咲き、散って、新緑が生い茂ってきたら…。
またm.c.k.chiffon's◎は春ver.としてパワーアップして参上仕ります。
特に今まで彼女の講座を受けてきた方々、必見ですよ。^^
お楽しみにして、頑張ってシフォン、焼き続けてください!←やー、鬼のような「店主」。ん?…何か違う?

*******************************
[PR]
by harumie18 | 2011-03-11 11:02 | 7's DAYS

嬉しい出会い。

皆さまにお返事を…と思っているうちに、今日も日が暮れてしまいます…。(汗)
じきに必ずお返事いたします。
わたくしめにもう少しお時間を…下さい。申し訳ないです。(大汗)


昨日。
shigeちゃんの講座準備やその他諸々のお仕事が溜まっているので、
よほどお断りしようかと思ったのですが…。

「出会い」の香りがぷんぷんと・・・。

…うー、たまらん!!
我慢しきれない!!


…と言うことで、急遽COCORO.ne cafeへ行ってしまいました。(汗)


私はサブで、メインのお客様は
「天然生活」などの超・おされ雑誌に多数掲載されていらっしゃるコトリ工房さん
ガラスで素敵な素敵な雑貨をいっぱい作られているOffrirさん
ここのところ「密」な(笑)ホンワカ・あったか・やわらかさ満載の布小物作家のtochiちゃん
そして迎えるのはもちろん、我らの(!?)COCOCRO.ne cafeのemiちゃん。

皆々様、鬼子母神の手づくり市のつながりの方。
とても素敵なhandmade作家さんばかりで、その作品だけでなく、お人柄も素敵過ぎデス。


私唯一、何も作れない人。(汗)
ここに居てよいのかしら…。たいそうなところに登場してしまったのだろうか・・・。

と、結局喋りまくって帰ってきたのですが。
(帰ってからハッと我に返り、そんな自分を思い出しては大変失礼な事をしでかしたと、猛反省・汗)

それでも皆さま、そんな私を快く受け入れてくれて。有難うございます。(泣)

ホッとするCOCORO.ne cafe Lunchを頂きながら、
その時間は和やかに、楽しく。
e0180555_1813328.jpg

食事を共にすると、初対面でも、心を許しあう、と言うか
一気にそのひと と そのひとの「心の距離」がググッと近くなる。
ご飯をつけてあげたり、醤油をとってくれたり
お膳立てを手伝ったり、空いているお茶のお代わりを淹れてあげたり。
まさに食・コミュニケーション。ただ食べるだけでなく。
これが「おうちcafe・マジック」なのかもしれない。

これまたemiちゃんは粋な計らい、演出をいつもしてくれるんだよなぁー。

今回は「かつお節削り」。
みんなで力を合わせて「しゃっ、しゃっ、しゃっ」とかつお節削り器で削ります。
e0180555_18132656.jpg

「わー、うまくいかない!」「こうやって削るとうまくできるかな」「昔やった事あるよ」
同じ作業をみんなで行うと「会話」がうまれ、「つながり」へと続きます。


「おいしー」と「たのしー」は一心同体。
「おいしー」と楽しいし、「たのしー」と美味しいし。
「たのしー」がないと美味しくないし、「おいしー」がないと楽しくないし。

今日も本当に美味しいご飯と嬉しい出会い。
この出会いを大切に大切に「つながり」へと育てていく、そんな喜びもstart!

emiちゃん、「ゴチソウサマ」。
そして、皆さま。
こんな私ですが「(汗)、これからもよろしくお願いします。^^
[PR]
by harumie18 | 2011-03-09 18:25 | おでかけ

台風旋風。

気付けば前回の更新からはや一週間…。

先週は「台風」こと、私の母親が岐阜からやってきました。
大詰めに大詰まってきた「おうちプロジェクト」最終決定のために。
そんなかんだでいつも以上にバタバタした一週間を過ごしていた私です。(汗)

私の母親は私にさらに輪をかけてすごいです。← なにがどんだけすごいんだか。(笑)
パワー自体もそうなのですが…。

    
 

興味がある方はこちらをクリック。 → ◎
[PR]
by harumie18 | 2011-03-07 19:03 | 日々