「ほっ」と。キャンペーン

「 75 」 

harumie18.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある日のキッチン風景。

気付くとあっという間に更新遅れ…。

すみません。
取り溜めた画像はいっぱいあっても、いまだ処理しておらず…。
=(イコール) コンサートのレポもまだまとめることができず…。

順番に、順番にお伝えしていきますね。



****************************************************


e0180555_16434072.jpg


コンサート前日。
準備でてんやわらやになる我が家の夕飯は決まって「カレーライス」。


「カレーライス」って本当に優れたメニュー。
嫌いな人ってほとんどお見かけしたことがないし、
特に子供は喜ぶし、
煮込めば煮込むほどおいしいし、
次の日おいしいし、
洗い物、楽だし。(ワンプレートなので)

はるかインドからやってきた「カレー」というものを
「カレーライス」という、見事今の形に進化させていった日本人ってすごい。
…っていつも思いながらつくる、わたし。



お隣さんにたぁーーーんまり頂いた新玉ねぎをひたすら皮むき、ひたすら櫛切り。
(新玉ねぎは煮るとずいぶん嵩がなくなってしまうもんね)


我が家のキッチンのNEW FACE。
新しい家になったら絶対欲しいと思っていたもの。

それは 「 まるい まな板 」。
e0180555_1653034.jpg

かの有名な料理研究家の方が使ってらっしゃるのを何かの記事で拝見してから
憧れてやまない、ここ数年。

スペースが横長、出なくて正方形チックに使えるのがなかなかの便利そうで。
そしてなんといったって
その「フォルム」がかわいく。 ← 結局ミーハー心。


しかしながら、まるいまな板、しかも割と厚めで、なおかつ重すぎないもの
なかなかなくて。
中華料理でよく使われているけれども、あんなにどっしりとしたものではなく。
(収納スペースがない)
値段も高そうだし、半ばあきらめてましたが。


出会えるものですね。
出会った場所は、引っ越す前に、岐阜に行ったらなかなかいけない!と半ば強行した
「合羽橋ツアー」で。


おきにいりの道具で料理をするって、これがまたうれしくって。楽しくって。
イチョウの木を使っているので固いうえに軽いので使い勝手もよく。


とんとんトントン。
新玉ねぎを切る包丁の音もなんだかうれしそう。


そして大量に煮込み料理をするのに最強なやつ。
「lecreuset」。

その便利さは前出のblogでも書いたんだけど、やっぱり煮込むことに関しては最高。

そして今回の出番は…。
e0180555_1781086.jpg

BIG・BIG・BIG!!
30インチのルクちゃん。

こいつは普段にはあまり登場しないんだけど。
かなり重くて、場所を食って結構手間のかかるやつなんだけど。

客人が多い我が家にとっては、こうした時にはすごく助けてくれるのです。


…にしても、洗うときには超・大変なんだけど。(汗)



助けてくれる、といえば。
e0180555_17111174.jpg

娘。

手間のかかる新じゃが洗いをひたすら、ただひたすらこなす。
昔からけなげな子だったけど、昔は力がなくて。
少し大きくなって、亀の子たわしで少し力をくわえてきれいに洗うことができるようになりました。

そのあと、ひたすらジャガイモ切りと人参切り。

もくもくと、もくもくと。

すごくすごく助かるよ。ありがとさん。

(こういう時って息子は、やっぱ使えない…口ばっかだし。)

って書いたら息子、怒っちゃいました。ははー。







切った野菜は少し干してから調理に入ります。
セミドライぐらいにすると、水気も飛ぶので油まわりもいいし、なんてったっておいしさも凝縮。
e0180555_1717525.jpg


その間に私たちはひと休み、ひと休み…。
お茶でも飲みませう。



私が作るカレーライスは、自己流重ね煮で。
e0180555_1737282.jpg

ニンニクで香りづけしたオイルの上に
きのこ類 → 新玉ねぎ → じゃが&人参 → サツマイモ・かぼちゃ → 豚ばらブロック肉。
焼酎を少し入れて、上にお塩をバラッと振り掛けて。

ひたすら弱火でことことと。 煮ること約1時間半、火を切って置くこと1時間。
余熱料理ができることもルクの長所かしら。



そうすると、もれなく新玉ねぎさん筆頭に出てくる出てくる野菜の水分。
気付くとお鍋の2/3弱も。

そこに少しだけお水を足して、少し沸騰してからカレー・ルゥとチョコレートを少し。
最後のひと煮をしている間に干したなすをおいしいオリーブオイルでフライパンでソテー。


そうして出来上がる、nanako流の「カレー・ライス」。





…と、ここで完成品をお見せするのが普通なのですが!


画像が。                   画像が見当たらない。汗





ご想像にお任せ、ということで。


スミマセン。大汗






どこの家庭にも、そこのうちならではの「つくりかた」「味」があると思います。
それが「おふくろの味」ってやつ?

スタンダードなメニューになればなるほど、じつはそれがその家庭のオリジナリティ。



そしてこんな感じの「いつもの」と思っているキッチンの風景も、
じつはオリジナリティ。
e0180555_17325234.jpg


なのかな? 苦笑
[PR]
by harumie18 | 2012-05-23 17:31 | 日々

Constanze House 。

e0180555_18171545.jpg


Constanze House
とかいて
「コンスタンツェ ハウス」。


コンスタンツェ、とはかの有名なW・A・モーツァルトの奥様の名。
そう、または「悪妻」の名でも有名の方の名。


ここは私の母 = 悪妻、という意味合い?も込めて
私nanakoも悪妻だということで

「コンスタンツェ ハウス」 と名付けて 「悪妻の館」 の意。


苦笑。    いや、 汗?


私の実家です。 ひと、住んでます。





ここでクラッシック音楽のコンサートを催して始めてから、はや13年。
55回目のコンサートが先日行われました。


e0180555_17533874.jpg

ここでは「ステージ」という垣根はありません。


通常の音楽ホールでは「舞台」というものが一段上がって存在しますが
ここは演奏家も聴衆も同じ場所。同じ位置。


聴衆はより身近に演奏家の演奏する様、息遣いまでもをダイレクトに感じることができるし、
演奏家は聴衆の皆様をより身近に感じることで、一層の緊張感やパッションを生み出すことができる。

提供する側・される側、双方で作り上げるその空間。
いわゆる
まさに
「ライブハウス」。       


の、クラッシク・Ver。

を目指しています。


「クラッシック音楽なんて…」「いわゆる『オカタイ』でしょ?」
「眠くなる」「縁遠いし…」「音楽の授業、って感じ」 


そんな方々のイメージを払拭したい!
そういった「草の根」層の方々にもっとクラッシック音楽を身近に感じてほしい!
という思いで始めたコンサート企画。


そのためにももっともっと互いに「お近づき」になるためにも
休憩時にはリラックスしてもらうために、コーヒー・紅茶とケーキを頂いてもらい、
演奏家の方々のお人柄を知ってもらうために、トークしてもらったり、
演奏家の方とじかに交流できる時間・場面があったり…。


ホール、というよりも「サロン」って感じかな?

ちょっと特別感を味わってもらいたくて。
単にコンサート聞きに行った、という感じでは終わらせたくなくて。
そしてそこでお客様通しの交流も育んでもらいたくて。



他のホールの「ふつー」ではないけれど
ここ、コンスタンツェハウスでは
これを「ふつー」に
いわゆるスタンダードにしていきたいな、と。



…とかくと、「なにさま?」という感じになってしまいますが。(汗)




要はみなさまと音楽を通じて

「たのしーことをしてつながりたいっ!」
というだけなのです。(苦笑)


親子して「道楽好き」です、ハイ。(大汗)



e0180555_1752870.jpg

分野は違えども、柏でいろいろなことを企画・立案、催しを行っていた、行うことができたのは
ここでやったこと色々なことが、すべて「原点」になっていました。



私が柏にいる間は両親が何とか頑張って引き継いでくれていました。
そんな両親もだんだんと老齢化。
なんとかフレッシュな風を吹き込んで、なんとかこの場所を続けていきたい、と
岐阜に戻ってきました。


私が「フレッシュ」というとおこがましいですが、
多くの繋がりと喜びを生み出してくれていったこの場所を
引き続き、大切に育み続けたいと思っています。




まずはなんとかHPをリニューアルしないと!(汗)




先日のコンサートのレポはまた近々…。
[PR]
by harumie18 | 2012-05-15 17:34 | 日々

欠かせないモノ。

e0180555_0382397.jpg



もはや私の「マイニチ」に欠かせない。



それは 「 音楽 」。



基本、
朝はBosanova。
昼はClassic。
夜はJazz。



でもそのあたりは臨機応変に。

ボーっとしすぎて活動しきれない朝は「Piano trio」。 (クラッシックのほうの)
昼にもっと活動しなきゃいけない時、特にDIY仕事のときはRock。
ご飯の支度の時Up TempoなJazzを。
子供が寝静まった、月がきれいな静かな夜はメロウなJazzだったり、R&Bだったり。


その時々の場面で、私を助けてくれています。





それにしても。

音楽って不思議。
なにもない、しーーんとしたところでは人間ってあまり活動する気分が起きない。
(経験値での話)
でもBGMがかかってると、身体がうごいたり、リラックス感も大きく増える。
いろんな場面での、人間の活動の相乗効果を生み出してくれる。




本当に大切なんだな、って思う。
本当に欠かせない、って思う。




こちらに来てから本当にTVを、まったくと言っていいほど見なくなった。
最近のテレビはどうもガチャガチャしすぎていることに気付いた。


(録画ハードディスクが溜まる一方だけど・汗)


音というものが溢れている今この世の中。
音がない世界って、本当に考えられないほど。

でもそれらは本当に「音」を「楽しむ」ものだろうか。

ただ静けさの中にあるさみしさを紛らわすだけのもの?
生活的習慣となって、単に「音」として存在してるだけ?




なんだかちょっと考えてしまったり。





それもこれもこの子のおかげかも。

i-phoneちゃん。




最近のインターネットラジオは本当にすごい。 すごくいい。



あなたのおかげで、生活が潤ってますわよ。
お世話サマです。
[PR]
by harumie18 | 2012-05-11 01:01 | 日々

ご無沙汰です。

e0180555_10434960.jpg


みなさま。

お元気にしていらっしゃいますでしょうか。




私 nanako は、なんとか元気にやっております。




岐阜に越してからはや1か月。


「生きテルカー?」ってな生存確認メールにすら返信できないままの日々。汗


とにかく引っ越し荷物を片づけること
引っ越しに伴うもろもろな手続きを済ませること
そしてなにより
子供たちの新生活を整えて、馴染ませてあげること

4月はそんなことで毎日がバタバタバタ…(今までのバタバタと以上に・汗)と
過ぎていきました。

小学校まで徒歩通学で1時間。
朝は5時50分に起床しさせ、朝ご飯はたっぷりと、そして「笑顔」で見送ってやること。
夜は何が何でも9時半には寝かせること。


そう、来年中学に進学する息子のこともあって
できるだけ子供中心の生活をi「いっしょにちゃんと」過ごしてあげる。
これだけは岐阜に来たらちゃんとやってあげよう、と思っていたこと。
今まで結構子供たちを犠牲にしてきた部分があったので…。 ダメ母ナノデス、私。

でもでも、しかしながらこれがまた大変ナノデス。(泣)

早起き族の方々 (とくにemiちゃんやmamiちゃん、ゆっこちゃんをはじめ・笑)
「通常」の母親の方々にとっては
「なぁーんでもないじゃない?普通なんじゃない?」と言われること、必須ですが
私にとってはホーーーーーーーントに「すごく頑張っていること」。
なのです、オハズカシナガラ。大汗
 
「nanako」を十分にご存じの方はきっと腰を抜かすほどびっくりするんじゃない?苦笑


早起きになったことはとても良いことなのですが
すぐには生活習慣は変えることは難しく(汗)
相も変わらず「お月さん」好きの、夜更かし族なので
平均睡眠時間は4時間ほど。


早く寝られたらいいんだけどね。
病気だから仕方がないか。あは。


途中、何度も睡魔に襲われていますが(やられてしまっていることも多々・汗)
でも、やっぱり
「早起きは3文の得」
なのかな、と思う日が増えてきました。


とにかく午前中が長い!!(笑)             あたりまえー、あたりまえー。

例えば子供たちを6時50分に送った後、庭の水やり。
朝日を浴びながらの自然満喫タイム。

やっぱり山を見ると落ち着きます。


e0180555_16463759.jpg



引っ越ししたての頃は、まだまだ寒かったけれども
GWに近づくにつれて、だんだんと春の日差しに。


緑も当初は出ていなかった葉も、少しづつ新芽を出し始め

e0180555_16492835.jpg


まさに「芽吹く」とはこのこと。
青い空に向かって若々しい緑がまっすぐに萌え始め。

e0180555_16512558.jpg



そんな自然の小さな変化を楽しむことができています。
これが三文の得なのかい??笑


「7's DAYS」としての活動は当分の間はお休み。
休養も兼ねた、期間限定の「充電」期間。

こんな静かな、スケジュール帳がいまだ埋め尽くされていないそんな日々。
いつ以来かな。

もしかしたらこんな時間を過ごすのって、大げさかもしれないけれど
夏休みの小学生以来かも。    フフ。


学生の頃から自分はこのスケジュール帳をいかに真っ黒に埋め尽くせるか
そんなことばかり考えて。

結婚してからも。
子供が生まれてからも。
埋めたいのに、家族のことで手一杯で、自分のことで埋められずに
真っ白いスケジュ-ル帳を見れば見るほど、
「私って…。」と、そんな自分にやきもきした焦った自分もいたけれど。



とにかく走リマワッタ。



そんなかんだで今まで自分自身を振り返る時間、というものを殆ど持てずにいたので
今は本当にいい機会を持てた、と思っています。

そう、自称:人生の「夏休み」。苦笑



こんな穏やかな気持ちで、こうして新しい土地になじみ始めることができているのも
柏で行った数々の素敵な思い出や、仲間たちの存在があるから。 

焦らずとも活動も仕事も繋がりも仲間も
その巡りあわせのタイミングというのが必ずやってくる。
ご縁があれば必ず…。


そんなことを身に染みて感じることができているのは、本当に皆さんのおかげ。

ここにきて改めて
「感謝」
デス。


たのしーことCLUBも始動しはじめたし。笑 
 
おつかれー、emiちゃん&shigeちゃん。
でも本当の勝負はこれからよん。
でも。
うれしいよ。ここから気持ちは一緒だから。^^



これからは小さな出来事や感じたことをつれづれにこちらで綴っていけたら、と思っています。
お付き合いのほどを。




よろしゅう。





のーんびり、のんびり。




でも、結構バタバタしてるんだけどね・汗


e0180555_1775649.jpg



コメントレスがなかなかできない状態にいます…。

今までくださった方々の分はそれぞれのblogに遊びに行かせていただく事で
コメントレスとさせて頂きますね。
本当にごめんなさい。

メールでのご連絡の方々は、ゆっくりとなりますが
これから順番にお返事させて頂こうと思っていますので
申し訳ありませんが今しばらくお時間をいただけますと有難いです。


宜しくお願い致します。

[PR]
by harumie18 | 2012-05-08 18:08 | 日々