「 75 」 

harumie18.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

男味、女味。

この週末。
今冬に入って2回目の雪が降りました。

でも12月頭に降った時と違って
次の日にはあたたかい日差しもさしてくれたおかげか
今日にはほとんどのところはすぐに溶けてくれて。


まだまだ寒い日は続くけど
日中の日差しはあたたかくなり、夕暮れまでの時も少し長くなってきたかな。






e0180555_2020154.jpg


昼間はこの暖かい日差しのおかげで暖房器なしで過ごすことができるようになりました。






e0180555_20194941.jpg

ミモザのつぼみもより一層膨らんできた気がする。





そんな風景を見つけると、春は近づいてきてくれてるのかなー、なんて
ちょっぴりウキウキ。








でも冬の病魔の足音は聞こえてくるよねー。
やってきちゃったとこもある?
いやな季節なんだけどね。

あ、去年の今頃を思い出してきちゃった…。


みなさんどうぞ、お気をつけて!!







そんな今週末。
旦那、月一帰省。


日頃は単身で頑張ってくれているので
岐阜に帰ってきたときは、彼が好きなものを作ってあげようと。   ← 養ってもらってるからねー。(汗)



男の人が好きなメニューには必ずランクインするのが。
e0180555_20203546.jpg

なぜか 「 肉じゃが 」。


彼女が 「 私、あなたの好きなもの、作ってあげる!」と言って
本屋に走り、いそいでそのレシピとにらめっこするような
オ○○ジページなどの「彼が喜ぶお料理」などとタイトルにある本に
たいてい巻頭ページで飾ってあるのも 肉じゃが が多い。



ちなみにわたしは、やりました。(苦笑)



なんで男の人って 肉じゃが が好きなんだろ。
肉、はわかるんだけど。
ジャガイモ好きな人も多いよねー。

だからカレーライスが好きな男の人も多いよね。

子ども も、とくに男の子が好きなメニューでもある気がする。




なんでだろうね。


おふくろの味?
「男味」? (苦笑)




ちなみにうちの肉じゃがは

じゃがいも
牛肉
たっぷり玉ねぎ
糸こんにゃく
角麩 (生麩みたいなもの)

は必須。

それに砂糖・塩・昆布水・みりん・酒・醤油、そして
味のまろみと肉を柔らかくしたい、との意で お酢で隠し味。


それをひたすら コトコトコト…。
だいたい作り立てよりも、1日、2日と置いて味がたーっぷり染み込んだものに
刻みねぎを上からふって食べるのが
うちの旦那様、息子君は お気に入りです。

酒も白飯も進むすすむ…。(笑)



(カレーライスもそうだなぁ) 


また、こういったメニューは
各家庭によって同じ味がない、ってのも 七不思議の一つ。







それに対して 女の人が好む味。

それは 「 柑橘類 」系。      だと思う。
e0180555_2315234.jpg


今度のコンサートのケーキ試作もあって作ってみた 夜なべシフォン。(苦笑)

「柚子&焼きチョコの ココアシフォン」。


ココア生地自体はあっさりとさせてますが、上に乗せて焼かれたチョコレートが焼きチョコ化して
んー、うまい。
で、その甘さを堪能して次生地をたべてみると
混ぜ込んだ柚子ピールで なんともさわやか。 食べてる最中はお口の中に柚子の香りが。


んー、コーヒーに合う、あう。 気分はブラックで。



思いつきで作ってみたら、わたし的にも、母にも、お友達にもヒット。


と、意気揚揚に子供に食べさせたら …。


「 ・・・。無理かも。」
と言って、一口のみ。


えー!!そうなの・・・。(泣)



プレーンシフォンはいつもホール食いしちゃうんじゃないか、という勢いなのにね。


だいたい「女の人」が喜んでたべるもの。
「男の人」がヒットするものって、少ない気がするなぁ。


野菜や雑穀を多く使ったもの。
肉、じゃーないもの。
玄米、雑穀米。
酸味のあるもの。

etc。



いわゆる ヘルシーなもの。
女の人は ヘルシー = オイシー になるからかな?




e0180555_22594796.jpg


そんな今日は、仲良くなりたかった方とデザートタイム。
やっぱり仲良くできる気がしてたんだー。

美味しくいただきながら、初めてだったのにおしゃべりに話が咲き。
話は 「 腹七分目 」にして、むずむずしながらも
「是非また今度ね!」




ステキなすてきな Sweet Time 。
今日の楽しかった出来事。




今日、つれづれに思ったこと。
[PR]
by harumie18 | 2013-01-29 00:18 | 日々

私の味の 「 相棒 」。

娘が金曜日、発熱で早退。

この季節だけに…。
周りでもそろそろ 例の「アイツ」が流行り出してるし。



結果は「溶連菌」でした。
ちょっとだけ ホッ。 でも油断大敵。


この季節はホント、冬特有の病魔との戦いだね。


ちょうど一年前辺り。
思い出しました。


みなさまも、その家族さまも
ご自愛下さいね。





食材にこだわるだけでも かなり美味しいものがつくれる、と思う。
 


でもいっぱしの主婦には食費に使ってもいい「限度」というものが必ずつきまとう。
食べ盛りになってきた子供の成長とともに
やっぱり 「 エンゲル係数 」 は家計の中でかなりの比重が増えつつあり。
こだわりたい部分はいっぱいあるけれども。

ううう。(泣)




でもいろいろ料理をしてきて、わかってきたことがある。
っていうか、わかったのが遅いかもしれないけど。(汗)



やっぱり調味料だけでもちゃんとした、素材にもその作り方にもこだわったいいものを使うだけで
味は確実においしくなると。


まさに 「 味の本(もと)」。




今の世の中、ピンからキリまでいろんな種類の、そして価格帯のものがある。


でも

みりん
料理酒

醤油


砂糖
味噌

最低限、これらにはこだわっていたい。
という考えに行き着いてる。
ちょいとばかしお高くても。(苦笑)


みりんはやっぱり本みりんだと、素材の味を活かした甘みやら旨みがちゃんと出てくれる。

料理酒も下手なものを選ぶと、塩や甘味料など余分なものがいっぱいはいってたりして。

菜種油や醤油は昔ながらの製法を守って、安心・安全な材料で作られているものは
風味やこくが全然違うし。

お塩はやっぱり自然塩じゃないと
舌に触れたときショッパさやそうでない部分のさがはっきりとでてくれない。
何よりしょっぱさのまろみ加減が天日塩は最高。

酢も安いものは味が柔らかく仕上がらないし、味の深みが出ない。




などなど。
えらそーにいろいろ書いちゃいましたが。 (大汗)
あたりまえのこと、っちゃーそうなんですけどね。




とにかくふつーに作っても、味が変わります。変わりました。



昔はそんなことにはなぁーんにも無頓着でしたが。
頭ではわかってたのに
身体にもいいことだってわかってもいたのに
でもその「一本」「一袋」の価格に振り回されて。
どれくらい違うのか、てのもよくわかってなかったし




でも。
よく考えたら、調味料って
1日に使う量ってそんなにたくさんじゃないから
こだわってみてもいいかな、なんて思い
使いはじめて。




いまじゃ、やめられない。(笑)





ふだんのことにはあまりこだわらない私ですが
「 調味料ヲタク 」です。(苦笑)





ここんとこ最近の変わらぬ、欠かせぬ相棒たちの1部。
e0180555_058256.jpg


みりん   白扇酒造 福来純三年熟成本みりん
料理酒   白扇酒造 花美蔵 純米料理酒
菜種油   平出油屋 玉締め圧搾菜種油



あ、これらはいつも一升ビン買いです。(笑)








みなさんはどんな「 相棒 」さんとお付き合いされてマスカ?
[PR]
by harumie18 | 2013-01-26 01:01 | 日々

久しぶりの 「 7's DAYS 」。

久しぶりに開店してました。


お客様は妊婦さん。
身体にも心にもやさしいメニューでおもてなしを。






久しぶりにパンをつくりました。 これがホントの「 初焼き 」かしら。(苦笑)

ゆっこちゃんmamiちゃんがおいしそーに焼いているのを真似して?(笑)
うちにもあった正月炊いた黒豆で。
e0180555_0554777.jpg

ちょっとオリジナルに作ってみようかと。





かなり久しぶりだった、ということ。
パンを作るとどうしても一日作業、になってしまうこと。

これがなかなかのネックで、オモイ イッポ が出ませんでしたが、
作り出すと、勘もそれほど忘れておらず、作り出したら我を忘れて楽しいたのしー。






e0180555_0555771.jpg

こちらは十八番なパン。
丸める作業が楽しいのと、パンの感触が実に気持ち良くて。



e0180555_056780.jpg

そして焼きあがった後の香りとクープの割れ目のもこもこ感がたまらん!!
スミマセン、ちょっとパンオタ・フェチ、丸出しです。(汗)



でもでもまだまだ修行が足りない…。復習あるのみかな、これは。



e0180555_0561968.jpg

焼きあがったのは

@ 黒豆ハードブレッド   
外はカリッと。ねじって成形してひきを強くさせて。
黒豆の甘さがこのハードさに絶妙に合う!


@ ゴハン丸パン     
そのまんま炊いたゴハン粒、入ってます。
発酵バターでふんわり甘い香りも引き出して。
米粉も配合して、さらにもっちりさがたまらない。
我が家の大人気パンです。




ベンチタイムやら発酵作業中には。
e0180555_0562831.jpg

今はまっている 白花豆の甘煮をつくったり。   (お茶うけにサイコー)

e0180555_0563630.jpg

スープストックを作る前支度として、骨付き鶏肉をホエー(乳清)で漬けこんだり。
ホエーで漬け込むと臭みが取れて、身はふっくら、柔らかくなります。


水切りヨーグルトでデザートを作ったので、ちゃんとホエーも使ってあげなきゃ。
と、いうこともあり。

でもヨーグルトさんは最近ヘビロテです、我が家のメニューに。






そんなかんだで下ごしらえも済み。



できあがった、お久しぶりの 「 7's DAYS 」ランチタイム。
e0180555_0564630.jpg



メニューは

@ 人参とクランベリーのバルサミコ・ラぺ。
@ 柿とエビの白酢かけ
@ 板麩のラザニア
@ 骨付き鶏と白菜、そして干し野菜のことこと煮スープ
@ 白花豆の甘煮


@ プレーンシフォン ブルベリーのクレメダンジュ風ムース添え


でした。



大学時代に入っていたオーケストラ部の後輩。
会うのは10数年ぶりだったけど、話が尽きない、尽きない。

たのしーとおいしーの笑顔をいーーーーーっぱいくれてありがとう。


また会いたいね。
こんどは赤ちゃんといっしょにね。






久しぶりの 「 おうちcafe 」。
たのしかった。
その時も、その前準備も、そのメニューを考えるのも。


怠惰なマイニチから一気に目覚めたよ。
そしていろんな 「 原点 」に戻ることができたよ。




ご来訪、ありがとう。











ここ、岐阜でも頑張ってみようかな。



ご興味がおありの方は、よかったらお気軽にご連絡、ください。










 

[PR]
by harumie18 | 2013-01-24 01:00 | 7's DAYS

年初めの月。

新年が明けて…。

早もう、1月が過ぎようとしている。(大汗)



この「1月」という月はなかなか厄介でして
正月、そしてそのあとに続く連休疲れもあってか
なかなかテンションが上がってきてくれない。 

ひとはそういうのを 「 怠惰 」 ともいうのでしょうが。(汗)


同じように子供たちもだらけてしまっているので
「 母親 」という立場上、注意しまくってくると
思春期の扉を開けた息子とのバトル? ディベート大会が始まる。
その所要時間に1時間から数時間かけることもしばしば。

付き合ってくれる、付き合うことのできる期間ももう限られているだろうので
本当に毎日が 「ガチバトル」という言葉、そのもの。


相手も本気なれば、私も本気。
母親として譲れない一歩を死守してマス。(苦笑)


でもさすがにそれが続くともうそれはそれは疲れてしまって。




…てな、毎日の1月を過ごしております。

そして新年も開けて、新しい年度も近づいてきたこともあり
夏休み終了=今後の自分の身の振り方についても十分に考えねばならず。


理想と現実。
それをどう 「 融合 」させることができるのか。
ホントにホントに難しい問題です。


でも今年の目標は 「 動 」にしましたから
小さいことからコツコツと、動いてみようと思っております。








この2013年、あたらしい年を迎えるにあたって、気分上げあげになるものを。

e0180555_0544212.jpg

M・silver michi さんの。
和と洋のミックス感が 1月の雰囲気を醸し出してくれています。
本当にセンスが抜群。 
玄関に飾ってあるので、我が家を訪れてくださる方みな皆さんが大絶賛。
かなり ご自慢。 (笑)


michiさん、ありがとー!
かなり気に入ってマス。^_^






今年の、ある意味での 「 初焼き 」は。
e0180555_0551950.jpg

「 安納芋 」 のダッチオーブン焼き。

遠赤外線で中のお芋部分があまーくあまーく。
しかも安納芋なので、そのしっとりさは絶妙。
スプーンで食べましたが、本当に極上のうまさはここにあり!!
という感じでした。



うまかったー。





さぁホントに、もうさすがにエンジン始動、させないと!!!
[PR]
by harumie18 | 2013-01-23 00:57 | 日々

あけまして おめでとうございます。

e0180555_1452537.jpg



I hope
you will have a great 「 HAPPY!」 
in 2013 。
[PR]
by harumie18 | 2013-01-01 00:00 | 日々