「 75 」 

harumie18.exblog.jp

cafe gallery 「 furacoco 」。

e0180555_11333788.jpg


ここは、私にとっての 「聖地」。

憧れであり、
癒しであり、
憩いであり、
語らう場所であり
料理の「ししょー」であり、
パワー充電の場所であり。


それは gallary cafe   furacoco


しばらく行っていないと 「 furacoco 欠乏症 」になってしまう。(苦笑)


5年前、ここの扉をあけて、入った。
その頃の私は、新しい土地に来たばかりで、
自分について、迷子になっていた時だった。

知り合いは少なく、子育てにも振り回され、新しい土地になじめずに悩んでいた
最大級に「 どんぞこ 」な頃。


扉を開けた瞬間、かおりさんがあたたかい笑顔で迎えてくれた。
ごはんの一つひとつが本当に美味しくって、感動してしまった。
帰るときはかおりさんと克也さんが、わざわざ玄関まで送ってくれた。

そんな 「 ちょっとした 」ことが嬉しくて。

また行ってしまった。
でも、顔も、私のこともちゃんと覚えていてくれて。

同じようにあたたかく迎えてくれて、あたたかくお見送りしてくれて。



全部を知っていてくれているわけではないけれど、
「また来ました」
と言ったら
「お久しぶり。 どうぞ。」
と迎えてくれる、そんな場所があることは
私にとって、すごくすごく心強い事と なってくれたのです。

それから月日が経っても、
「 furacoco 」のネームバリューが、あの頃から比べたらホント、スターダムな成長ぶりでも
いつ行ってもその温かさのスタンスは変わらない。
むしろそのスタンスを育んでくれる、そんなところが魅力な「ばしょ」です。
電話しただけで、その声だけで 「nanakoさんでしょ?」とわかってくれるところも。(苦笑)


e0180555_1572948.jpg


その店内も懐かしさ、古きよきものが詰まっていて。
そう、それはまるで「おばあちゃんの家」。
「ただいまー。かえってきたよー。」とつい、玄関に上がる前にそうつぶやいてしまいたくなるような。

ごはんもしかり。
克也さんが生み出すお野菜中心のお料理は、
懐かしいようなやさしさ、丁寧な気持ちが沢山がこもっている。
その素材選びから、作り出す作業も、
克也さんのお客様に対する真摯な気持ちがきっと詰まっているのだと思う。
そしてかおりさんの作り出した、そのお人柄がにじみ出るあたたかさ溢れる器に美しく盛られて。
そのバランスも実に絶妙で。


そんなごはんたちが、
このテーブルで。
お二方の「まっすぐなあたたかさ」といっしょに。
私達をもてなしてくれるのです。
e0180555_1541759.jpg


そんなふたりの想いがいっぱいつまった空間とお料理。
あたたかさが店内を包んでくれる。

「もてなされる」とは、
こういうあたたかい気持ちを
こういうしあわせな気持ちを
うみだしてくれるんだ、満たしてくれるのだと気付くのです。



そしてまた思うのだ。



今日来てよかった。
また今度も来るから。

本日もこころから 
「 ありがとう 」。
そして
「ご馳走さまでした」。

と。



そしてなお一層「とりこ」になってしまうのは
克也さんもかおりさんも、「いつもどおり」の中で、
でも常に「先」へ進化しようとしているその姿勢。
とても尊敬できるところ。

きっと、「何かを生み出して生きたい」と夢見て前に進む私にとっての、
そして同じ想いで活動している私達メンバーにとっての
いつまでも「聖地」であるんだろうな、と思うのです。

e0180555_15135213.jpg



・・・とまたあつーく語ってしまいましたが。(汗)


そんな大好き!!furacocoさんが「つながりズム。」に出品してくださる事になりました!
みなさまに私達の愛してやまないfuracoco特製の味を「おすそわけ」してくださいます。

@ 梅酢ドレッシング 
@ ジンジャーシロップ

を両日にわたって、限定数にて販売いたします。



そして、furococo特製のお弁当を先着20箱、販売してくださる事になりました。(2/10のみ)


furacocoさんがおりなすfuracoco色・満載の、美味しさ満載のお弁当。
きっと克也さんたちの「まっすぐ・あたたかい」その気持ちがいっぱいに詰まっていると思います。
ほかじゃ、なかなか食べられない、と思います。   (ちなみに店内では弁当の販売はされていません)
すごい、スゴイ、素敵すぎる。 うんうん。



是非この機会に!!

きっと食せば、この想いはあなたにも伝わると思います…。






嬉しいです。 ありがとう、克也さん、かおりさん!!!
by harumie18 | 2012-02-01 15:17 | 和cca